第七世代 七貴神(ななきしん)
新月神歌(しんゆえい かむか)女帝
皇太后・天ノ逆 崋乃姫(あまのざか かのひめ)

皇太后・天ノ逆 崋乃姫(あまのざか かのひめ)

神歌

神歌

新月 神歌

新月 神歌

一柱・新月 神誓(しんゆえい しんぜい)

一柱・新月 神誓(しんゆえい しんぜい)

二柱・八咫神 綺羅(やたがみ きら)

二柱・八咫神 綺羅(やたがみ きら)

二柱・雨流涙 雨宿(うるるい あまやどり)

二柱・雨流涙 雨宿(うるるい あまやどり)

室

三柱・海神 夢浮橋(わたつみ ゆめのうきはし)

三柱・海神 夢浮橋(わたつみ ゆめのうきはし)

四柱・火焔籠 緋王(かえんろう ひおう)

四柱・火焔籠 緋王(かえんろう ひおう)

四柱補佐・秋穣 小桃(あきみのり こもも)

四柱補佐・秋穣 小桃(あきみのり こもも)

五柱・不知火 宵姫(しらぬい よるひめ)

五柱・不知火 宵姫(しらぬい よるひめ)

五柱・衹王寺 散華(ぎじょうじ さんか)

五柱・衹王寺 散華(ぎじょうじ さんか)

六柱・夜刀神 紺碧(やとのかみ こんぺき)

六柱・夜刀神 紺碧(やとのかみ こんぺき)

六柱・御石神 雛鳥(みしゃぐじ ひなどり)

六柱・御石神 雛鳥(みしゃぐじ ひなどり)

月光院 紫

月光院 紫

七柱・月光院 紫(げっこういん ゆかり)

七柱・月光院 紫(げっこういん ゆかり)

七柱・夜天奏 小夜啼(やてんそう さよなき)

七柱・夜天奏 小夜啼(やてんそう さよなき)

​その他の人物
神坐

神坐

新月 神坐 上皇

新月 神坐 上皇

海神カジカ

海神カジカ

浮舟 背景なし

浮舟 背景なし

コルネーユ

コルネーユ

コルネーユ女王と子ら

コルネーユ女王と子ら

哀音 ミニ 背景なし

哀音 ミニ 背景なし

雪ノ菫氷華(ゆきのすみれ ひょうか)

雪ノ菫氷華(ゆきのすみれ ひょうか)

白雪城氷姫(しらゆきじょう ひょうき)

白雪城氷姫(しらゆきじょう ひょうき)

​悪魔たち
シトリー

シトリー

マルコシアス

マルコシアス

ゼパル&ヴェパール

ゼパル&ヴェパール

ヴェパール

ヴェパール

新月 神歌(しんゆえい かむか)

父母 海神 カジカ、新月 神坐
弟  新月 神流
贈皇配 火焔籠 緋王

中継ぎとして女帝になった神歌
鮫女帝(こうじょてい)と称され愛された
緋王とは主従で両想いだったが、一線超えることは無く主従関係を続けた。

蓬莱人である神歌は魔界の瘴気の中指揮を取りつ続け病を隠した。
遂に病に倒れ、察した緋王は殿を務め「我こそが一柱で皇帝なり!!」と敵を引きつけ戦死する…
神歌は彼を讃え「私の夫として同じ墓に入れなさい」と皇配として共に眠る…


​新月神流(しんゆえい かむる)

父母 海神カジカ、新月 神坐
姉  海神 神歌
皇后 天ノ逆 崋乃姫
夫人 衹王寺 末摘花、白雪城 雪白、不知火 朝霧
子  更紗、珊瑚、宵姫、小夜啼、神誓、氷姫

鮫で母譲りの氷剣使い
無能扱いを受け、必死で陰で努力してきた真面目くん…

果敢に戦い、朝霧と共に戦死した。
彼の死を目の当たりにした綺羅が脚を負傷してしまう。


雨流涙 雨宿(うるるい あまやどり)

父母 天一神 翼、雨流涙 軫
 
陰陽師も近親家系でイトコ婚、浄化の力は濃く受け継がれた。
マイペースでぼんやり少年、釣りが趣味で神流皇子とは無言のお友達…

 
「一応人間だから見逃された…悔しい、室らを守る為にも戦う…」

天一神 室(なかがみ はつい)

父母 天一神 心、房
許嫁 雨宿

五女、根暗なお天気占い師。
「父から虐待染みた躾を受けてこうなった…虐待の因果は続くのね…
上の姉らは戦死したのに、「何故無能なお前が生きている」と…父にぶたれた
私だって好きで生まれて生きてる訳じゃない…

温和な叔父がマジギレし、父をボコボコにしたわ…スッキリ
姉の許嫁だった雨宿兄者と、婚約したみたい…和解に」

 
海神 夢浮橋(わたつみ ゆめのうきはし)
 
援軍として蓬莱から駆け付けたカジカらのいとこ。
終焉の歌姫であり、滅びの歌を歌うことで敵を死に至らしめる。
効くまでに時間を有するのが難点だが強力。温和で優雅なお姉さん。
平和主義で和平を望む性質…能力と真逆。第八世代で海神家最後の当主として名を残す。

不知火 朝霧(しらぬい あさぎり)

父母 夜天奏 終宴、十六夜 桃恋
姉  不知火 初御代
夫 新月 神流
子 宵姫、小夜啼

不知火家の当主の三女、敬語口調で堅苦しいです。

神流の第三夫人で寵姫、最も愛された証に息子の名に帝の文字を与えられた。
最期まで仕え戦場で添い遂げた暗殺者。
実は夜が上手い事と啼き声が美しかった事から息子に小夜啼の名を与えられた大人な経緯もある。


「神流皇子の理解者でした、戦友として死ねたなら悔いはありません。」


白雪城 雪白(しらゆきじょう ゆきしら)

祖先 御門 神無衹、白雪城初雪→白雪城 雪鬼、幻耀 玲瓏
妹  氷華ら

夫 神流
子 神誓、氷姫

神流の第四夫人、罪人の家系ではあるものの祖先が皇族である神無衹であった理由で夫人になった。
黒紅と背を預け共にサブノック相手に戦死した。
「…ごめんなさいね、我が子らよ」

秋穣 小桃(あきみのり こもも)

本作のロリヒロイン、ガーゴイルが周囲を皆殺しにし、素通りしていった
「魔族は滅ぼすけど…弱い子は殺さない主義なんだ♪」と
トラウマを見て塞ぎ込んでしまう座敷童

 
「神誓くんのベビーシッター、弟ができたみたいで嬉しいです。
神誓くん、「泣くな!儂がそなたの兄になろう!」と励ましてくれました。
大好きです…わたしの弟で兄で、父で…親友…!」

夜刀神 紺碧(やとのかみ こんぺき)

父母 方伯寺 恢恢、幻耀 哀音
妻  一条橋 彼岸花
子   雛鳥
   
「男娼の狂骨でありんす、趣味でやってます。
父と妹を悪魔ベリトに殺され男に戻ります…
寿命を削り、狂骨から夜刀神に進化したぞ
悪魔は皆殺し!皆殺し!
妻になるに相応しいのは従姉の彼岸花でありんす、娘の雛鳥は殺戮兵器として彼岸花が生んでくれたわぁ。」

衹王寺 散華(ぎじょうじ さんか)

父母 妃條 恋日、緋櫻宜 花宴
姉  末摘花

女形舞踊の三味線使い、中身はちゃんと男性ですよ?

 
「京都弁の気さくな常識人やぁ!
末姉さんとは仲良し姉弟やでぇ~…仇討ちとるさかいな。
綺羅・紺碧とバンド組んだけどなぁ、綺羅音痴やねん。
大正ロマンの剣士に転職や、祖母・山桜桃が使うてた愛刀コノハナチルヒメで皆殺しどすぇ~
僕なぁ…ちょい不細工な宵姫さん好きやねん。」

衹王寺 末摘花(ぎじょうじ すえつむはな)

夫 神流
子 更紗、珊瑚

二男の生母
「ドジっ子眼鏡っ子なお茶屋のお姉さん…父似で怪力でよう物壊すんよぉ
父やけど『恋ママ』って呼べうるさいさかいなぁ
末姉さんって呼ばれると嬉しいわぁ」

悪路王 黒紅(あくろおう くろべに)
本名 黄泉比良坂 劫火 (よもつひらさか ごうか)

祖先 黄泉比良坂 牛刻、命命鳥カルダ
姉弟 鬼室王女、黒血、大嶽丸

俺が本家の鬼!やっと戻ってきたお帰り黒血刀!
裏切り者の逢魔の子孫(タマヲノ・オトギリ・ヒトヤ)に度々喧嘩を売っていたよ。

「江戸っ子口調の気さくなおっさん、昔はワルでねぇ…タマヲノ・オトギリ・ヒトヤに喧嘩売ってはポリ公に捕まったよ。ブタバコ(天界道の最下層)に何度連れてかれたか(笑)
そろそろいい歳だし、なんか根暗なヒトヤくん見てると怨みもさっぱり無くなっちまったねぇ…
第二世代でタマヲノに焼かれちまったのもあって火傷塗れさ、タマヲノの愛妻・ハツユキさんが好みだったねぇ…雪白姐さん達の祖先だねぇ。
雪白姐さんは相棒って感じで対象外だけどね、妹ちゃんは好みだねぇ…」
 
月光院 紫(げっこういん ゆかり)

 
第四世代から国を支えた月の一族で修羅と神久夜の娘。
両親の長所を受け継いだチート妹は泣き虫でどこか子どもっぽい兄を支える。

数々の死線と強化イベを超えて前線も後衛もいけるように…

「今回は皆殺しの為に前線に戻るわね、修羅となるわ…父の薙刀使い再びよ。
朝霧のお陰で蓬莱&仏教に目覚めちゃって…ズットモよ朝霧。
朝霧の仇討ちよ…兄さん落ち込まないで、貴方は母の月弓を使いなさい。お守りの母の形見である羽衣よ…きっと守ってくれるわよ。

テメエら地獄が見てぇか、ディアヴォロスの連中…
ウロボロスを捕縛し、紺碧ちゃん主演のホモビデオを撮らせたわ。
シトリー・ゼパル・ウェパルもね…」

白雪城 氷華(しらゆきじょう ひょうか)

 
姉 雪白

雪菫とあだ名された妹
姉とは対照的であり派手な見た目とは裏腹に悲観的で消極的。
体に火傷の痕がある為結婚を諦めていた(黄泉では珍しいことではないのだがコンプレックス)
黄泉を凍り付かせ姉が会いに来るのを待ったが黒紅らに退治された。
強引な彼に現世の世界を教えてもらう。

新月神坐&海神カジカ

神歌の死後、養母として彼女を最も可愛がった浮舟は入水自殺して殉死。
神坐が指揮を執るが彼女もまた瘴気に倒れ病死、盟友である天上レイウに救援願いを出す。
いても立ってもいられなくなったカジカは戦場に出ることを無理矢理通し、敵討ちとして数々の悪魔を倒した。
敵軍の総大将・グラシャ=ラボラスを削ってくれたのは彼の功績。
(前期の神々は防衛に徹しなければいけない決まりがある為)

浮舟は海火弥の転生、神歌は真珠の転生で前世の親子。