第七世代 七貴神(ななきしん)
新月神流(しんゆえい かむる)帝
​皇后・天ノ逆崋乃姫(あまのざか かのひめ)
一柱 新月 神流(しんゆえい かむる)&補佐 海神 神歌(わたつみ かむか)

一柱 新月 神流(しんゆえい かむる)&補佐 海神 神歌(わたつみ かむか)

一柱補佐 海神 神歌(わたつみ かむか)

一柱補佐 海神 神歌(わたつみ かむか)

皇后・天ノ逆 崋乃姫(あまのざか かのひめ)

皇后・天ノ逆 崋乃姫(あまのざか かのひめ)

二柱・雨流涙 雨宿(うるるい あまやどり)

二柱・雨流涙 雨宿(うるるい あまやどり)

二柱・八咫神 祀吏(やたがみ まつり)

二柱・八咫神 祀吏(やたがみ まつり)

三柱・不知火 朝霧(しらぬい あさぎり)

三柱・不知火 朝霧(しらぬい あさぎり)

四柱・白雪城 雪白(しらゆきじょう ゆきしら)

四柱・白雪城 雪白(しらゆきじょう ゆきしら)

四柱補佐・秋穣 小桃&五柱・衹王寺 散華

四柱補佐・秋穣 小桃&五柱・衹王寺 散華

五柱・幻耀 紺碧&六柱・悪路王 黒紅

五柱・幻耀 紺碧&六柱・悪路王 黒紅

六柱補佐・方伯寺 恢恢&纁

六柱補佐・方伯寺 恢恢&纁

七柱 月光院 紫(げっこういん ゆかり)

七柱 月光院 紫(げっこういん ゆかり)

​その他の人物
雪ノ菫氷華(ゆきのすみれ ひょうか)

雪ノ菫氷華(ゆきのすみれ ひょうか)

白雪城氷姫(しらゆきじょう ひょうき)

白雪城氷姫(しらゆきじょう ひょうき)

方伯寺哀音(ほうはくじ あいおん)

方伯寺哀音(ほうはくじ あいおん)

​新月神流(しんゆえい かむる)

父母 海神カジカ、新月 神坐
姉  海神 神歌
皇后 天ノ逆 崋乃姫
夫人 衹王寺 末摘花、白雪城 雪白、不知火 朝霧
子  更紗、珊瑚、宵姫、小夜啼、神誓、氷姫

鮫で母譲りの氷剣使い
無能扱いを受け、必死で陰で努力してきた真面目くん…
姉が強過ぎて女性が苦手で、男神ばかり連れていた

仮面をしだしたのは母似のキリッとした女顔を気にしているのに、悪意0の父が「女みてーで可愛いよね、ルーちゃん!」
​と言ってきたこと…生涯のトラウマだぞバカジカ…!

魔界から悪魔たちが侵攻してきて、国はほとんど乗っ取られ瘴気に包まれた
緊急時の為一夫多妻制が進言され、女嫌いなのに…
朝霧を寵愛し、最も愛し彼女の長男に小夜啼の名を付けた。即位は出来ぬが名だけでも…

神流が倒れ、神歌が即位する流れになる…

海神神歌 (わたつみ かむか)

本作のヒロイン、神流の姉。長らく一人っ子で父譲りの武力を持つアテナのような皇女様
娘を溺愛したカジカが「神ちゃん、オレこの子に継がせたく無いよぉ…」と駄々をこねると
「なら、私が子を産もうではないか」とスタイリッシュに夜の誘いをする神坐様…
そうして弟ができて、神歌は嬉しかった…姉より弱すぎて話にならないけど。
花王のように武闘会を開き、「勝者に帝位と私の花婿候補を!」と条件を出したが強過ぎて勝者が出なかった。
姉に勝てなかったとはいえ、立派に成長した弟の努力を認め、「わかりました…私は皇太子を降りて貴方の補佐に就きます」と神流が即位する。

大らかで天真爛漫、彼女のファンは男女問わず多かった…グラマーでギリシャ風のセクシーな衣装着るしね。

雨流涙 雨宿(うるるい あまやどり)

父母 天一神 翼、雨流涙 軫
 
陰陽師も近親家系でイトコ婚、浄化の力は濃く受け継がれた。
マイペースでぼんやり少年、釣りが趣味で神流皇子とは無言のお友達…
神歌皇女が好きで、婿に立候補した…当然、勝てず秒で敗退した…悲しい

天一神 室(なかがみ はつい)

父母 天一神 心、房

五女、根暗なお天気占い師。
父から虐待染みた躾を受けてこうなった…虐待の因果は続くのね…
なので叔父一家によく避難してるわ…明るくハイテンションな叔父と根暗で優しい叔母さま…大ちゅき
「…今日は雨、後に晴
 以上…」

不知火 朝霧(しらぬい あさぎり)

父母 夜天奏 終宴、十六夜 桃恋
姉  不知火 初御代

生真面目な隠密、大食い大会優勝者でグラマーです。
不知火家の当主の三女、敬語口調で堅苦しいです。
ユカリ殿とはお茶仲間です、両親が元恋人同士なのですよね。

白雪城 雪白(しらゆきじょう ゆきしら)

祖先 御門 神無衹、白雪城初雪→白雪城 雪鬼、幻耀 玲瓏
妹  氷華ら

裏切り者の神無衹の血を引く皇族遠縁、本来ならこっちが本家。
盲目の高身長、不気味な雪夜叉お姉さん。背後に立つと斬り殺されるので注意。
お上品で清楚、小桃さんは補佐ですが娘や妹のような存在ですね。
朝霧の憧れのお姉様…!


秋穣 小桃(あきみのり こもも)

八十禍津 紺碧(やそまがつ こんぺき)

父母 方伯寺 恢恢、幻耀 哀音

男娼の狂骨でありんす、趣味でやってます。
母のような美人になるのじゃ…
父と妹とは折り合いが合わんのぉ。
従姉の彼岸花は互いに毒吐くけど、お互い悪うは思うてないぞよ?
散華、わっちとキャラ被ってる。女装キャラは一人で十分や。


衹王寺 散華(ぎじょうじ さんか)

父母 妃條 恋日、緋櫻宜 花宴
姉  末摘花

女形舞踊の三味線使い、中身はちゃんと男性ですよ?
京都弁の気さくな常識人やぁ!
末姉さんとは仲良し姉弟やでぇ~
綺羅・紺碧とバンド組んだけどなぁ、綺羅音痴やねん。

衹王寺 末摘花(ぎじょうじ すえつむはな)

ドジっ子眼鏡っ子なお茶屋のお姉さん…父似で怪力でよう物壊すんよぉ
父やけど『恋ママ』って呼べうるさいさかいなぁ
末姉さんって呼ばれると嬉しいわぁ

悪路王 黒紅(あくろおう くろべに)
本名 黄泉比良坂 劫火 (よもつひらさか ごうか)

祖先 黄泉比良坂 牛刻、命命鳥カルダ
姉弟 鬼室王女、黒血、大嶽丸

俺が本家の鬼!やっと戻ってきたお帰り黒血刀!
裏切り者の逢魔の子孫(タマヲノ・オトギリ・ヒトヤ)に度々喧嘩を売っていたよ。

江戸っ子口調の気さくなおっさん、昔はワルでねぇ…タマヲノ・オトギリ・ヒトヤに喧嘩売ってはポリ公に捕まったよ。ブタバコ(天界道の最下層)に何度連れてかれたか(笑)
そろそろいい歳だし、なんか根暗なヒトヤくん見てると怨みもさっぱり無くなっちまったねぇ…
第二世代でタマヲノに焼かれちまったのもあって火傷塗れさ、タマヲノの愛妻・ハツユキさんが好みだったねぇ…雪白姐さん達の祖先だねぇ。
雪白姐さんは相棒って感じで対象外だけどね、妹ちゃんは好みだねぇ…
 
月光院 紫(げっこういん ゆかり)

今回は尼さんスタイルで錫杖よ、唯舞が使ってた奴ね。
朝霧のお陰で蓬莱&仏教に目覚めちゃって…ズットモよ朝霧。

白雪城 氷華(しらゆきじょう ひょうか)

姉 雪白


雪菫とあだ名された妹
姉とは対照的であり派手な見た目とは裏腹に悲観的で消極的。
体に火傷の痕がある為結婚を諦めていた(黄泉では珍しいことではないのだがコンプレックス)
黄泉を凍り付かせ姉が会いに来るのを待ったが黒紅らに退治された。
強引な彼に現世の世界を教えてもらう。