第四世代 七貴神(ななきしん)
新月 神王(しんゆえい しんおう)帝
皇后・楪 泡沫(ゆずりは うたかた)
一柱・新月 神王(しんゆえい しんおう)

一柱・新月 神王(しんゆえい しんおう)

皇后・楪泡沫(ゆずりは うたかた)

皇后・楪泡沫(ゆずりは うたかた)

二柱 八咫神祀吏(やたがみ まつり)

二柱 八咫神祀吏(やたがみ まつり)

三柱 海神六花(わたつみ りっか)

三柱 海神六花(わたつみ りっか)

四柱 緋櫻宜紅桜(ひおうぎ べにざくら)

四柱 緋櫻宜紅桜(ひおうぎ べにざくら)

四柱緋櫻宜御桜(ひおうぎ みさくら)

四柱緋櫻宜御桜(ひおうぎ みさくら)

緋櫻宜 御桜

緋櫻宜 御桜

五柱・八十禍津樒(やそまがつ しきみ)

五柱・八十禍津樒(やそまがつ しきみ)

六柱・黄泉比良坂 弟切(よもつひらさか おとぎり)

六柱・黄泉比良坂 弟切(よもつひらさか おとぎり)

十六夜 紫

十六夜 紫

七柱・十六夜紫(いざよい ゆかり)

七柱・十六夜紫(いざよい ゆかり)

天上星参(てんじょうせい からすき)

天上星参(てんじょうせい からすき)

上皇・新月榊姫(しんゆえい さかき)

上皇・新月榊姫(しんゆえい さかき)

新月 鳳梨(しんゆえい ほうり)

新月 鳳梨(しんゆえい ほうり)

弟切ら兄妹

弟切ら兄妹

天空の花の都・花天楼
姫将軍・四季ノ葉花王(しき の は かおう)
四季ノ葉花王(しき の は かおう)

四季ノ葉花王(しき の は かおう)

第四世代、皇位継承候補 居城、花天楼(かてんろう) 父母、秋穣鳳梨・新月榊姫 兄妹、神王・花王・五十鈴 夫、緋櫻宜紅桜 従者、秋穣山桜桃 ピンク髪に金眼 中性口調 種族、半神 武器、剣 天空の花の都・花天楼の姫将軍、もう一人の皇位継承者候補。 虹を操り、武芸にも秀でている。 父母→父上、母上 兄→兄上

赤の花将・幻耀蘇芳(げんよう すおう)

赤の花将・幻耀蘇芳(げんよう すおう)

橙の花将・秋穣山桜桃(あきみのり ゆすら)

橙の花将・秋穣山桜桃(あきみのり ゆすら)

黄の花将・幻耀白亜(げんよう はくあ)

黄の花将・幻耀白亜(げんよう はくあ)

翠の花将・四季ノ葉五十鈴(しき の は いすず)

翠の花将・四季ノ葉五十鈴(しき の は いすず)

青の花将・水無涙畢(みなるい あめふり)

青の花将・水無涙畢(みなるい あめふり)

藍の花将・滄我 久遠(そうが の くおん)

藍の花将・滄我 久遠(そうが の くおん)

紫の花将・楪 泡沫(ゆずりは うたかた)

紫の花将・楪 泡沫(ゆずりは うたかた)

真ラスボス・海王 滄我(かいおう そうが)

真ラスボス・海王 滄我(かいおう そうが)

新月 神王(しんゆえい しんおう)

父母 秋穣 鳳梨、新月 榊姫
兄妹 神王、花王、五十鈴
乳母 八重桜

武器 仕込み杖

関西弁の兄ちゃんや、これでも皇太子候補やさかい。
バ花王とは犬猿でなぁ、しょっちゅう喧嘩するでぇ
女好きでハーレムハーレム!親友のブロンガカクと気が合うねん。
あっちは天上レイウの皇帝でハーレム作ってええなぁ…俺もやりたいわぁ、オカン…母上に怒られるさかいやめるわな。
こんなええ加減な性格やから、花王派と真っ二つに意見が割れてもうてなぁ(笑)
俺は相応しい方でええ思てるわ。
まあ、ちょっくら天空に今回の騒動収めに行くかな…レイウから「近所迷惑、飛行の邪魔になる」言うて苦情来てるさかい。


海神 六花(わたつみ りっか)

祖父母 羽衣 千夜、海神 真珠

種族 蓬莱人   氷属性

三柱、泣き虫で消極的な少女。
わたしは分家ですが、海神家当主になりました…!
泣き虫で愚図でのろまです…水鏡義兄さまは師匠で、いつも励ましてくれました。
六つ花を操る、氷属性の使い手です。
シン様(神王)は「六花はドジっ子ロリ枠なぁ、ええやん可愛いで?」
と仰りますが…六花の夢はグラマーでお胸のおっきなお姉さん枠です。

自分に自信が無くて、海辺の洞窟に引きこもりました。
同じく根暗で引きこもりニートのリヴァイアサンと波長が合い、そのまま肉体を乗っ取られて行方不明扱いです…
シンユエイ第七世代の同時期、遠い地方でラスボスをやらされました。深淵迷宮の聖王ワルキュリア時代ですね…!


緋櫻宜 紅桜(ひおうぎ べにざくら)
神子名 紅煉(ぐれん)

父母 秋穣 秋雲、緋櫻宜 桜花
妹  御桜

種族 山の民  武器 短刀

四柱
水鏡・久遠と共に軍師を務める根暗で目つきが悪い炎使い。
生まれる際に母を焼き殺して生まれ、父…ではなく母に斬り殺されかけた。
「この子は不吉な子、国にあだなす」と予言が出たので隔離され、軟禁生活を送る。
そこで神王に出会い、祀吏と三人で悪友トリオを組んだ。
母の愛情を求めるが国が大事な母は相手にしてくれず、花王皇女を実の娘のように溺愛する…
密かに花王への羨望を抱き、亡き母の一番大事にしていた彼女を妻にすることで復讐を考えた。
なお、花王は全く気付いていない。

二代目・鳳凰の神子を継ぎ、神が真っ白に変化した。

一人称 俺

緋櫻宜 御桜(ひおうぎ みさくら)

種族 山の民  武器 桜の枝

四柱
榊姫上皇を崇拝し、五十鈴皇女に仕える大和撫子。
前世は小野小町、彼女も二重の意味で鉄壁のディフェンス力。
防御結界に長ける術師、亡き母を尊敬する。
従姉の山桜桃とは険悪、出禁した。
兄とは不仲だがなんだかんだ助けてくれるのでフクザツ…

一人称 わたくし 敬語口調

八十禍津 樒(やそまがつ しきみ)

父 罪禍(瀬織津と一体化した)

種族 山の民、毒神  武器 メス

五柱
八十禍津日であるサイカの片目から生まれた生者、蛇の力で死者から生者が生まれた。
榊姫の支援がありエリート才媛に育つ。
ドライで生真面目だがマッドサイエンティストになる。
紫とは親友、親同士が仲良かったしね。
体が毒で満たされており、触れれないので手袋をしている。
触れる弟切に感動した。
幼馴染で弟のような彼とは保母と幼稚園児のような感覚、風呂にも入れるし寝る時も一緒。
でも決して大人な関係ではない。が、傍から見てユカリンもドン引き。

一人称 私  淡々とした女性口調

黄泉比良坂 弟切(よもつひらさか おとぎり)

父 幻耀 亡
異母兄妹 玲瓏、弟切、蘇芳、白亜

種族 キョンシー  武器 黄泉の黒刀

六柱
生まれつき盲目のキョンシー、温和でのんびり屋。
侍に憧れ今のキャラを作った、背後に立つと斬りつけてくる。
母を知らない為、樒に依存している。
紫の予言で「この子は弟を斬る」と出たので開き直った亡が弟切と名付けた。

一人称  拙者  侍口調

十六夜 紫(いざよい ゆかり)
 
父母 八咫神 修羅、神久夜
兄 祀吏
親友 八十禍津 樒

一部紫眼に瑠璃眼
種族 月の一族   武器 水晶玉


七柱
父譲りのチートさと瑠璃の瞳、鋼のメンタル。母譲りの髪を持つ魔性の女占い師。
​月の一族は癒しの術に長けるのだが、彼女は物を完全に修復・復元する能力に長けている。
父母が第三世代の最後で殺されてしまった不幸な生い立ち…わらわは芯が強いから大丈夫だけど、兄さんが心配ね。
神王皇子の妾をやっているわ、正妻じゃないから楽なのよね。

一人称、妾(わらわ)  甘ったるい女性口調

天上星 参(てんじょうせい からすき)
本姓は八咫神(やたがみ)
 

父母 八咫神 亢・七夕笹 女姫
姉弟 畢、参
主 十六夜 紫

黄緑髪に右が赤眼、左が緑眼
種族 陰陽師   武器 間接剣


七柱補佐
父似で生真面目な堅物、「紫を異性として視ている」と姉や祀吏から指摘されてしまった…
姉と二人で一つの星なのに…意見が合わず分かれてしまった。


四季ノ葉 花王(しき の は かおう)

第四世代、皇位継承候補
居城 花天楼(かてんろう)
 
父母 秋穣 鳳梨、新月 榊姫
兄妹 神王、花王、五十鈴

従者 秋穣 山桜桃

ピンク髪に金眼
種族 半神   武器 虹の剣

 
本作のラスボス、天空の花の都・花天楼の姫将軍でもう一人の皇位継承者候補。
虹を操り、武芸にも秀でている。
武踏会を開き帝位と財宝、花婿選びを兼ねて神王らを天空に招く!

中性口調と女性口調
父母→父上、母上
兄→兄上


四季ノ葉 五十鈴(しき の は いすず)
 
父母 秋穣 鳳梨、新月 榊姫
兄妹 神王、花王、五十鈴
従者 緋櫻宜 御桜

銀髪に緑眼
種族 蓬莱人   武器 鈴


本作のヒロイン
温和な風花の巫女、おばあちゃんっ子で霧雨に養育された。
兄と姉の仲裁役ですね、年が離れているのでよく可愛がってくださりました。

一人称、此方(こなた)  敬語口調


水無神 畢(みなのかみ あめふり)
本姓は雨流涙(うるるい)

父母 八咫神亢・七夕笹女姫
姉弟、畢・参

水色髪に右が青眼、左が赤眼
一人称、小生

種族 陰陽師・雨女   武器 紐

 
青の花将
ドSのお姉様、やや中性的なエリート陰陽師。
初恋は伯父・修羅、伯父のを死に追いやった黄泉比良坂・十六夜家を憎み紫を嫌っている。

​玉兎を兎狩りと称しいたぶったことで紫から復讐にレズビデオを撮られてしまった哀れなお姉さん…

滄我 久遠(そうがの くおん)

妹 楪 泡沫

種族 蓬莱人  武器 采配

無口を通り越してプラカードでしか喋らないお兄さん…
プラカードでは割とフレンドリーで気さく。
祖先のイルカ大臣があまりに悪く言われているので玉依姫のごとく自らに憑依させて真相を知ろうとしたら…
そのまま憑依された。時折二重人格のように記憶が無くなって男らしくなる。
楪姓は母方の姓。
妹とは能力が対になっており、彼は周囲の時間を遅らせる能力を持つ。
花王様とは男友達のような関係で恋愛感情は一切無い、のに蘇芳に妬まれている。​

一人称 僕、私   標準語口調

楪 泡沫(ゆずりは うたかた)

兄 滄我 久遠

種族 蓬莱人  武器 扇子

紫の花将
本作の隠しヒロイン、滄我家はネタバレするとかの有名なイルカ大臣の子孫ですわ。
楪家はしがない和菓子屋をやっておりますの、大の甘党好きでぽっちゃりボディがね…水着着れないの気にしてます…
兄はおじいちゃんみたいな渋い好みで、全く話さないけどプラカードで話すお喋りさんなのですよ♪
歴史オタクでもある神官ですねぇ。

​兄は永遠を司り、私は刹那と儚さを司ります…触れたものを脆くし崩壊させる…なかなか物騒な能力ですのよ♪

​一人称 私