第一世代 七貴神(ななきしん)
新月 神威(しんゆえい かむい)帝
皇后・白雪城 雪華(しらゆきじょう ぜっか)
神威ら主人公組

神威ら主人公組

桜花ら

桜花ら

羽衣・煌花いとこ組

羽衣・煌花いとこ組

ユエイ(鳳凰)

ユエイ(鳳凰)

一柱・新月 神威(しんゆえい かむい)

一柱・新月 神威(しんゆえい かむい)

皇后・白雪城 雪華(しらゆきじょう ぜっか)

皇后・白雪城 雪華(しらゆきじょう ぜっか)

二柱・八咫神 天狼(やたがみ てんろう)

二柱・八咫神 天狼(やたがみ てんろう)

一柱・海神 海火弥(わたつみ みかや)

一柱・海神 海火弥(わたつみ みかや)

海火弥 私服

海火弥 私服

海火弥 蓬莱衣装

海火弥 蓬莱衣装

四柱・緋櫻宜桜花(ひおうぎ おうか)

四柱・緋櫻宜桜花(ひおうぎ おうか)

姫咲來&舞璃

姫咲來&舞璃

四柱補佐・煌花 舞璃(きらはな の まいり)

四柱補佐・煌花 舞璃(きらはな の まいり)

五柱・坐導 紅葉(ざどう くれは)

五柱・坐導 紅葉(ざどう くれは)

五柱補佐・煌花 姫咲來(きらはな の きさら)

五柱補佐・煌花 姫咲來(きらはな の きさら)

六柱・黄泉比良坂 鬼灯(よもつひらさか ほおずき)

六柱・黄泉比良坂 鬼灯(よもつひらさか ほおずき)

七柱・羽衣 若紫(はごろも の わかむらさき)

七柱・羽衣 若紫(はごろも の わかむらさき)

七柱・羽衣 星(はごろも の ほとおり)

七柱・羽衣 星(はごろも の ほとおり)

マヒナ三姉妹の子ら

マヒナ三姉妹の子ら

不知火 天花(しらぬい てんげ)

不知火 天花(しらぬい てんげ)

幻耀 幽冥(げんよう ゆうめい)

幻耀 幽冥(げんよう ゆうめい)

ザドウ領の烏達

ザドウ領の烏達

坐導斬(ざどう ざん)

坐導斬(ざどう ざん)

坐導 唯舞 ざどう ゆいむ(胡蝶院 こちょういん)

坐導 唯舞 ざどう ゆいむ(胡蝶院 こちょういん)

貴船 紅葉賀(きぶね もみじのが)

貴船 紅葉賀(きぶね もみじのが)

ジズ

ジズ

イリス・ド・リス・ビフレスト

イリス・ド・リス・ビフレスト

故人 海神 海漣(わたつみ かいれん)

故人 海神 海漣(わたつみ かいれん)

故人ハーピィ

故人ハーピィ

媛蹈鞴五十鈴媛命

媛蹈鞴五十鈴媛命

伐折羅(ばさら)

伐折羅(ばさら)

毘羯羅(びから)

毘羯羅(びから)

不知火・羽衣一家

不知火・羽衣一家

​鳳凰(ほうおう)
本名 ユエイ(月)・シャンユエ

父母 セキショウ、レネイ
伯父 コルボー

完全なる不死の秘薬を飲み、巨体な鳳凰に進化したユエイくん…
マブダチ・ウーヴェと唯舞が数百年かけて完成させた秘薬…
「…必ず会いに行きますよ、だから今度は貴方がわたくしを待っていてください。
大切な親友として…」
がウーヴェの遺言だったので彼を待ちつつ、聖なる天子と共に人間と妖怪が共存できる國を創ろうと動いていた。
烏を狩ったり欲深い大人を見て人間不信に陥ってしまい、暫くは中華エリアと葦原に留まり暮らした。
そんな時、少女ミカヤが現れて
「ぼっち同士仲良くしてくださいね。
私も友達が欲しいけど、作り方がわかりません。」
と声をかけてくれた…ボク、ぼっちでは無かったけどね!

神丸くんも連れてきて、楽しい時を過ごした。
二人はあの後大人達に大目玉喰らったみたい…野心が全くない、綺麗な神丸くんこそ相応しい人間だと思うんだ。
だから彼と桜花さん、紅葉らに仲間を見つけて来てくれとお使いを頼んだ。
ボクは身内であるレイヴァン皇帝ヴァッサゴーくんと話し、天上と地上が再び仲良くできるように…烏王さまみたいになろうと思った。

リヴァくん(リヴァイアサン)は、ベヒモスくんの子だったけど…人間に騙されてベヒモスくんが喰い殺されたことから人間と妖怪、世界を憎んでる。
止める為に、ボクももう一度戦うよ…
ウヤ反乱時みたいに大洪水はさせない、浄化の炎で海を抑えた。

鳳凰になってから、魂が視えるから誰が誰の転生か分かるよ。
ウーヴェは第二世代で宵くんになって会いに来てくれたね…!


新月 神威(しんゆえい かむい)
​本名 御門 神丸(みかど の かんまる)

父母 イワレヒコ、イスケヨリヒメ​
叔母 イスズヨリヒメ

銀髪に青眼
一人称、吾・儂 古風口調
​種族 人間
武器 蹴鞠

一柱、本作の主人公にして始祖。ツクヨミの転生
鳳凰の大切な親友である心優しい少年、葦原の皇子様。
海火弥は幼馴染で実の姉弟のような存在。護衛である紅葉とは衝突していたが次第に良き親友となった。

桜花を姉や母のように信頼している。
 
蹴鞠が趣味で達人である、蹴りはコナンくんのシュートと同じと考えていい
「儂にはこれしか無くてな☆」
 

八咫神 天狼(やたがみ てんろう)
 
祖先 風伯

種族 人間(陰陽師)
一人称 小生、我
武器  札

八咫神家の祖、八咫神・緋櫻宜・白雪城の姓は鳳凰が与えた姓である。​​
修行に励む陰陽師で雪山で遭難していたところを神威一行に拾われた、一行からすれば何故か船でも一緒でやっとお別れできると思えば
中華エリアで再会した。​

小生は中華エリア出身でござる、バッカGO(ヴァッサゴー)皇帝の臣下でござるな。
紅焔殿・鬼灯殿・海連殿・ジズ殿と同僚でござるよ。
初めてトモダチになってくれた舞璃殿の為にも協力するでござる、坐導殿・海神殿・緋櫻宜殿・氷雨殿・不知火殿は冷たいでござる…
着替えの褌と勘違いし、星くん殿の羽衣を履いていたでござる。ヤンデレスカーレット姫咲來殿と大喧嘩中でござるよ。

海神 海火弥(わたつみ みかや)

父母 海神 海漣、ハーピィ(アエロー)
夫 坐導 紅葉
子 海神 真珠

白髪に水色眼
一人称、此方・私 敬語と女性口調
3月8日生まれのA型

武器 腕輪と海の炎使い

​三柱、本作のヒロイン
蛍火の里(九州地方)出身の海の巫女、幼くして両親を亡くした為、海神(わたつみ)家に引き取られた。

御門 神丸(みかど の かんまる)とは幼馴染みでよく遊んだ。
里内では村人から一線置かれており、その為あまり感情に乏しいところがある。

生真面目であまり人に頼らない、生真面目で天然過ぎるのが難…

神丸と共に鳳凰のお告げを聞き、海火弥は里を抜けて神丸とその護衛・坐導 紅葉(ざどう くれは)と共に旅立った。
最終決戦前日に紅葉にだけ、自分がこれから命を懸けてリヴァイアサンと相打ちしようとしていることを打ち明け、その夜紅葉と心で結ばれた。


長い旅路の後に祖父が父母を殺したこと、伯父・リヴァイアサンが世界を海に沈めようとしていることを知り、最終決戦でリヴァイアサンをその身に封じ込めることに成功。
海火弥はリヴァイアサンを消滅させる為に自らの身を処刑するよう神威(神丸)に進言する。
海火弥が自ら望んだ処刑は二年後に決まり、同時に紅葉とささやかな婚儀を挙げる。
1度は紅葉への想いを断ち切ったが、紅葉に求婚され束の間の幸せを掴んだ。
忘れ形見の一人娘・真珠(しんじゅ)を産んで海火弥は海へと沈んだ。

「…クレハ、私貴方と出会えて良かったわ
根暗で全く面白くない夫婦として、楽しかった
どうか真珠をお願いします。私は、この子の成長を見れないから…」

趣味は鮫叩き、海辺で噛み付いて来る獰猛な鮫を拳で沈めます
…嗚呼、また引かれてしまったわ…みんな引いてる。
…クレハ様もやりますか?やりたそうにうずうずしてらしたので

会ったことはありませんが、母方の祖母(マノヤ)に似て堅物ワイルドレディです
クレハ、そんな両親を鬱陶しいだなんていけませんよ…私からすれば羨ましいわ
いざご両親に対面すると
(あっ…本当にお二人とも鬱陶しい。私にとって大伯父と大伯母なのですが)


父母→お父さん、お母さん
父方祖父→お祖父様
いとこ→ミカル兄さん

姓に殿・様付け多め

緋櫻宜 桜花(ひおうぎ おうか)

母 佐保姫

​ピンク髪に赤眼
一人称は私 
種族 人間
武器 薙刀と日本刀

四柱


豪族の娘で母は春の緋桜の里出身。
神威の忠実な側近で母や姉のような存在の女傑。ウブな常識人で皆のお姉さん枠
自分をぶっ飛ばして負かした紅葉に想いを寄せる。

名乗りの「女だからとて容赦する…」辺りで普通にぶっ飛ばされましたわ…
この人しかいない…私を負かした殿方を婿にします!
 
前世が鳳凰の母レネイ様だそうです、子の成長を全く見れなかったので今世では皆の母として活躍したいですね!
孤立しがちなミカヤにはお説教します、最終的には良き親友で恋のライバルでしたね…
気を利かせてクレハ殿に二人で嫁ぐ話や、再婚相手に私を指名してくれたけど…クレハ殿は貴女を想い続けているから無理でしょうね…

殿・様付け多め

坐導 紅葉(ざどう くれは)

父母 坐導 斬、羽衣 唯舞(胡蝶院)
異父姉兄 羽衣 若紫、星
弟妹 八劔、紅葉賀、玉梓

種族 烏族
武器 日本刀

五柱
寡黙で根暗…ぼそぼそ話すし「…が故に」が口癖。

 …俺なんか生まれるべきじゃな…と言い終わる前に母と姉の平手打ち、父には池に沈められた
そして愛と地獄のシャン・ユエ孤児院で更生し、鳳凰となったユエイ様と出会った。
この温もりこそ俺が求めていた愛情…!
ユエイ様を追い、地上に家出したぞ。男児たるもの一人前の雄烏になるまで帰らん。と啖呵を切り
巨体故に孤独なユエイ様と同居した…父とは手紙で面白くないやり取りをしていた。
「畏まり候、御意…」などのな。

ミカヤは、根暗余りもの同士で共にいた。桜花殿・鬼灯などの煩い女子は苦手でな…
戦いで死を恐れない彼女に苛立って、「命を粗末にするな…根暗殿」と海に投げ飛ばすと
「やりましたね、倍返しします根暗様」と​俺も海に沈められた。
「根暗根暗って…雪華に失礼でしょう!!」と桜花殿がキレていたが一番失礼なのは貴殿だ。


黄泉比良坂 鬼灯(よもつひらさか ほおずき)

祖先 黄泉比良坂 逢魔、黄昏媛
父 黄泉比良坂 伐折羅、天ノ逆 毘羯羅
兄妹 紅焔、鬼灯、峨々

一人称、あたし 男性口調
種族 鬼

武器 三叉槍

六柱、敵だったけど最後の方で加入する最強枠。
男勝りで豪快な姉御、黄泉の番人としてはまだ見習いで居眠りしている間に死者・幽冥に黄泉を脱獄されてしまう。幽冥を追いかけて現世に出た鬼。
許嫁である兄が大好きだがリヴァイアサンを追って兄は現世に出、リヴァイアサンに首を刎ねられて死亡した。

鬼灯は激情しリヴァイアサンの弟であるジズやゲオルギーネを瀕死に追いやる。

人間である桜花、雪女の雪華と意外と仲が良い。

桜花はオカンって感じ、落ち着くね。雪華はかき氷作ってくれる。

祖先が裏切り者の逢魔なので、黄泉でも同族に嫌われてタイマン張ってるよ!
ポリ公に何度捕まったか…

父母は駆け落ちで、お袋は黄泉の呪いですぐ亡くなっちまった…
逢魔の子孫と、逢魔に呪いをかけた奸邪の子孫がくっついたのがまずかったからね。あたしは健康体だったけど

羽衣 若紫 (はごろもの わかむらさき)
別名 十六夜の君(いざよい の きみ)

父母 ウーヴェ・唯舞
姉弟 若紫、星
異父弟妹 紅葉、八劔、紅葉賀、玉梓


16歳(レイウ103年生まれ)
紫髪に菫眼
168cm、7月14日生まれ A型
一人称 私、紫  敬語口調とたまに男性口調
種族 月の一族
武器 チャクラム


七柱、おっとりしていて温和な性格、慈愛に満ち溢れた女神枠。
父母は烏族だが、二人共純血種ではなかった為に若紫と星(ほとおり)のような新たな種族が誕生した。
母譲りの月を操る高い霊力を持ち、癒しの術を得意とする。(しかし自分自身は治癒できないという欠点がある)


父の死後、母が純血種の烏族・ザンと再婚し、異母弟の紅葉(くれは)らが産まれた。
しかし弟の星と紅葉の仲の悪さに悩まされ、頭を抱える。

紫は、今の家庭の方が裕福で幸せなんですよねぇ…母似が欲しかった養父は私を一番可愛がってくれます。

家出した紅葉を心配した唯舞に懇願され、星と共に神威一行に加わる。
その旅で寂れた不知火(しらぬい)神社の神主・不知火天花(しらぬい てんげ)に「是非!我が巫女に!」と勧誘されるが断った。
新月ノ國(シンユエイ)創建の際には弟の星と共に月を司る七柱に選ばれた。

旅が終わり、女性にもなれる天花狐と結婚し、三人の男児に恵まれる。
葦原の人々を治癒することに専念していたが、次々と人々は若紫の治癒の力を頼り、やがて若紫は過労死してしまった。
これが子の初月が人間を憎む理由となる。
葦原の伝説には『かぐや姫』として名が残った。

地上レイヴァン皇帝・ヴァッサゴーから求婚されていたが天花と百合婚したと勘違いした彼は泣く泣く身を引いた…

父母→父様、母様
養父→お父上 
夫→狐さん、天花様、天子


羽衣 星(はごろもの ほとおり)

​父母 ウーヴェ、唯舞
姉 若紫
異母弟妹 坐導 紅葉、八劔、紅葉賀、玉梓

 
14歳(レイウ700年生まれ)
紫髪に瑠璃眼
153cm、7月7日生まれ。AB型
一人称 僕→私
種族 月の一族
​武器 羽衣

七柱(姉とふたりで)、星を操る術師で姉には霊力・武力は劣るが天才的な頭脳を持つ清廉潔白な神官。
亡き父を尊敬しており、未だに固執している。
それゆえ義父のザンと紅葉を認めておらず、最後まで分かり合えなかった。

いとこの姫咲來(きさら)とは許嫁で姫咲來にいつも振り回されているが星も姫咲來が大好き。
しかし海火弥が密かにタイプだった…紅葉と喧嘩し、追いかけっこで互いに墜落したところ、彼女の沐浴を覗いてしまい責任を取ろうと言い寄る。

紅葉は彼女の下半身にやはりあるべきものが無いことにショックを受け、女性への苦手意識が増した。

「ミカヤもキサラもタイプですよ!両方嫁にしましょう!
僕、実は女の子大好きです。お茶するぐらいの紳士ですけどね!」

リヴァイアサンとジズの動機を聞き仲間として誘いを受けた時…
「父の復讐か…正直僕にもわかるんですよね。僕だって父もいない居場所が無いこんな世界生きていたくな…」
と同調しかけると姫咲來に平手打ちされ、姉にもぶっ飛ばされた。

「なんでそんなこと言うの!?キサラはこんなにもホトオリのこと喰い殺したいくらい好きなんだよ?
監禁だってしたいし所有物として一生大事にしたい、だから死にたいなんて言わないで…!
一緒に帰ろう?」​
のキサラの笑顔に惚れ直し、再度キサラに求婚しMに目覚めた少年…
お父様と同じこと言うんですねキサラ!!大ちゅきもう離さないでマイハニー!!

父母→お父様、お母様
義父→貴方、クレハの父親
姉→姉様
異母弟→あれ、愚弟

恋人→君、キサラ


煌花 姫咲來(きらはな の きさら)

​父母 ノックス、煌花 莉音
姉妹 姫咲來、リリコイ、アネラ、ウェリナ、ノーチェ、舞璃


山吹髪にオレンジ眼
一人称 あたし、キサラ 標準語と女性口調
種族 烏族  
武器 二つの小刀、やや高い火力とスピードを備える


五柱補佐、人見知りの激しい妖怪少女、烏の性質でヤンデレな星の許嫁。
烏王コルウスから頂戴した『殺戮のスカーレット姫』の水着称号は彼女がスイカ割りで斧を振り回し、最強のゲオルグの頭をかち割って起こしにいっていたことに始まる。

レイウ809年に母が自分を庇って戦死し、そのせいで長らく精神を病み引き籠っていた。
唯舞伯母様の養女になり、ずっとメンタルカウンセラーしてくれた伯母様…
大好きな星が地上に降りたって聞いて、籠ってる場合じゃないと思い末妹マイリ師匠を連れて地上に降りるわ!
待ってて星…と思ったら先にクレハと合流したわ、クレハがあたしとマイリを守ってくれるそうよ。鳳凰にも会えたわ。

ホトオリ…女の子見るとすぐデレデレする…亡きお義父様(ウーヴェ)から
「キサラさん、星くんを頼みますよ…あの子は女好きクソヤローになりそうなので、貴女がしっかりと捕まえてあげてくださいね…監禁しても構いません」
って言われてるの。
それに唯舞伯母様もドMで夫に毎日監禁されて喜んでるし…

彼女はヤンデレスカーレットとして健気に星くんを守る怖がり少女、雷がまだ怖いの…
ゲオルグが血塗れで雷で皆殺しにしてたのを思い出して。(あれは姫咲來を守ってやったことだけど)
ママもが死んだ時も雷が鳴っていたの…でも、ホトオリや伯母様がいるから頑張る。

父母→パパ、ママ
伯母 唯舞伯母様、ママ上

煌花 舞璃 (きらはな の まいり)

​父母 ノックス、莉音
​夫  八咫神 天狼

弟子 紅葉、紅葉賀、姫咲來

オレンジ髪にピンク眼
種族、烏族(翼はピンク) 
武器 棍→風の薙刀


四柱補佐、お嬢様な妖怪少女、しかし「ですわ」と言っているだけで口が悪い…
末子で五女、姉妹揃っての武術派で妹の舞璃の方が強い。
妖怪である為、趣味は人攫い。桜花にめちゃくちゃ怒られ泣いた。

不知火 天花(しらぬい てんげ)

種族 天狐

寂れた不知火神社に住む神主、幽霊である幽冥の主。
巫女さん募集中なので海火弥・桜花・若紫をスカウトしたが断られた。
結界と幻術に長ける術師型。中身は無邪気な子供っぽいがたまに辛辣、自分をペットとして捕縛しようとする星と姫咲來に対しては「なんじゃこのクソガキ…はよういね」と思っている。

一人称 我 古風口調

幻耀 幽冥(げんよう ゆうめい)

種族 幽霊
武器 松明

幻術使いである亡霊、番人である鬼灯の居眠り中に黄泉を脱獄し天花に匿われた。
生前の記憶が無く強い怨みだけは覚えている。かつてウヤ反乱時にゲオルグの虐殺で亡くなったことを途中で思い出した。家族の仇を討つ為によく似た容姿のゲオルギーネを追っている。
名と姓は鬼灯と天花が名付けたもの。
天花と共に暮らしてきたお陰で家事スキルが半端ない。

一人称 オレ 男性口調